創業の志「人間として正しい仕事をして、利益を出す」

創業の志

 私たちWITHは「人間として正しい仕事をして、利益を出す」という理念のもと、互いの力を合わせることで自分以外の誰かの役に立つ、社会の役に立つという活動使命を全うします。人間としてのよろこびを感じ、思いやることのできるプロフェッショナルな仕事集団を目指します。
 どんな仕事にも、まず「利他の心」でお客様、関係ある方々を思い、考える。問題解決のためなら誰にも負けない努力を続けます。38万kuしかない小さな島国・日本。この限られたスペースを、もっと人や地球に優しく、ムリやムダのない、自然や街へとシフトさせるために。その第一歩を、不動産の世界から変えて生きたいとWITHは考えます。

代表取締役社長・福地真寿美よりご挨拶

代表取締役社長・福地真寿美よりご挨拶

新しいビジネスモデルで、不動産を、企業を、人を支え続けたい。
不動産の担保力を上げ、保有企業とそこで働く人々を支え続けたい。
そんな思いを実現するためにWITHを2006年7月、創業させていただきました。

「日本発信の、世界へ通じる不動産業務を」

 面積単位で各国のGDPを割戻すと、対米国が9.2倍、中国に対しては51倍。日本の小さな国土の生産力は高く、日本はがんばっているのです。坪単価でのGDPを評価すれば一目瞭然、日本ほど土地という資源を使わず生産に優れた国は類を見ません。そして長い歴史・伝統に基づいた良い文化があります。特にモノを大事する、ムダなく再利用する視点は不動産業界において、今まさに見直すべきテーマです。画一的に次々とスクラップ&ビルドを進めるのではなく、今ある建物を有効活用すること。38万kuという小さな国土をより効果的に、動く人暮らす人すべての心を豊かにできる、そんな理想への実現に向けた技術力のある不動産業務が、私たちWITHの願いであり、目標です。

「人間として正しい仕事をして利益を出すこと」

 一人ひとりは凡人であっても、仲間と力を合わせて不動産業界を革新していく。私たちはそんな純粋に会社と仕事に打ち込めるスタッフと仕事をしています。誰かの役に立てる、大きな使命を全うすることは決して安易な道ではありませんが、業種の違うお客様、管理会社・建築会社・金融会社の皆様から認めていただける『プロフェッショナルな仕事』を信念として貫いて参る所存です。
 我々は成長中の集団として、いつまでも成長中であり続けます。そして、人と環境を守る不動産に対しての熱い思いだけは誰にも負けません。不動産に関わる多くの方々を幸せに出来るよう、志を同じくする社員達と共に人間として正しい企業経営に魂を打ち込んで参ります。

WITH株式会社の「ビジョン」

ビジョン

W:WORLD 世界レベルの不動産運用技術

私たちの母国は、小さな島国ですが、世界のGDPの10%も生産しています。
例えば首都東京では、1u当りの生産力が、米国全土の平均の281倍にもなります。
無理をした欧米の後追いではなく、日本自身の日本のための運用技術を、世界レベルへと引き上げいきます。

I:INVESTMENT 投資

投資とは、貨幣の時間価値と考えます。人のエネルギー資源や貨幣資源をどれだけの価値へと育てられるかを判断基準とするなら、テナント様から家賃もまたテナント様自身にとって大きな投資です。
もちろん、そこで働く方々にとっても同様に、今と未来への投資であるべきです。
働く場所、生活する場所を良くすることは、大きな付加価値創造の場であり、結果としてオーナー様に還元される。そのサイクルで創出される付加価値の高さを追及します。

T:TACTICS 戦略

テナントとオーナー、あるいは売主と買主。利用価値と資産価値を決める関係性の中で、それぞれの立場において決して妥協せず、互いに有益であるために。私たちWITHは不動産を優れた「製品」として産み出すための戦略を創造かつ多様化・多地域化します。
企業、そして働く方々にとってビルを買うことは大変な支出です。仮に手元資金で2億円を支出するためには、税前4億の経常利益が必要です。売上高経常利益率5%の法人企業なら、80億の売上を充てることになります。
中古不動産のプラス・マイナスすべての「製品情報」をクリアな情報として蓄積し、お客様の会社の社員の皆様の働きで得られたお金が決してムダになることのないよう、所有権移転後もPM/AMにおいて付加価値創造を続けて参ります。

H:HANDLERS 下請け集団

仲介会社様が、安心して仲介されるよう、不動産を「製品」としてお預かりします。
金融機関様からお預かりしたお金にて運営させていただきますので、プロジェクトもまた金融商品として個々にお預かりします。
商品である以上ユーザーとなるテナント様からのクレームも、貴重なデータとして預かりします。そして、必ず改善しサービスへと反映いたします。
そのために社員・役員一同、現場の仕事を何より大切にする下請ける集団としての意識とスピリットを徹底しております。

↑ PAGE TOP