07 新宿区ビル


新宿区ビル

都心にあるビルの中にはご所有者が上層階に居住されているビルが良くあります。
ご所有者が居住されているビルは御自宅でもありますので、御引渡し頂く状況や物件の状態が通常のオフィスだけのビルとは違って、特殊な場合が多々あります。

新宿区ビル 新宿区ビル

「権利がバラバラのビル」

弊社が新宿御苑で手掛けたこの物件は一見すると一棟ビルの様に見えるのですが、実は御相続の関係で建物はいくつかの区分に分けられており、土地の名義もビルのご所有者とは違うご名義でご所有でした。
バラバラの御名義だったビルを一つにまとめて取得させて頂き、御所有者のお引越しが問題無く完了するのをお待ちしてからビル自体の改修工事に着手を致しました。


「外壁」

改修工事としてまず目につくのは昭和後期を思わせる茶色いレンガ調の外壁です。
外観では特にタイルが剥がれている箇所も見られないのでそのまま使える様に思えますが、下の図で説明をさせて頂いております通り、タイル1枚1枚が剥がれ落ちていなくとも、突然広い面積のタイルがタイル自体を接着している下地ごと崩落してしまう事故が起こる事があります。

新宿区ビル

「工事」

この建物は新宿御苑駅から続く商店街の終わりの方にある角ビルですが、ビルの外観色の影響からか重く暗い雰囲気を醸し出していましたので、明るい外観になるように白い外観になるよう外壁工事を行いました。
その際、屋上防水、ベランダの防水等も合わせて行っていきました。

新宿区ビル 新宿区ビル

「消防工事」

以前の消防設備の状況があまり良い状態ではありませんでしたので、改修工事の際に合わせて新品の避難はしごに交換工事を行い、火災報知器の集合盤の位置等も合わせて移動させました。

新宿区ビル 新宿区ビル

「汚雑排水槽」

飲食店等が入居しているビルには、ビル内で出た汚水等を一度貯めておく為の「汚雑排水槽」と言う場所があります。この「汚雑排水槽」に溜まった汚水は、一定以上溜まると「汚水ポンプ」で下水道に放出される仕組みになっています。
この建物はこの汚水ポンプが故障していて、汚水が大量に溜まっている事が分かったので汚雑排水槽の清掃と、ポンプの取替え工事も合わせておこないました。
汚水ポンプの排出原理を簡単にご説明しますと、汚雑排水槽内に汚水が増えてくるとポンプについている浮きが汚水に押し上げられていき、浮きについているヒモが引っ張られてポンプのスイッチが入る仕組みになっています。写真右側の汚水ポンプの後ろ側に少し見える赤い物が「浮き」です。

新宿区ビル 新宿区ビル

「完成」

ビルの外壁工事が完了して白い明るいビルに生まれかわりました。

新宿区ビル 新宿区ビル

↑ PAGE TOP