08 築110年木造、歴史的建造物


築110年木造、歴史的建造物

歴史的建造物として様々な地域で公的な指定を受けている建物がありますが、多くの地域では建物にかけられている規制の強さに対して、その制度上貰える建物に対するお金が少なすぎて建物の維持すら困難になってしまっている場合が良くあります。

北海道小樽市の夢二亭もそんな歴史的建造物の指定を受けた建物の一つで、小樽市の観光案内パンフレットに載っている立派な建物ですが、どの所有者の方も建物維持が重たくなってしまった為に閉鎖されていました。

築110年木造、歴史的建造物
築110年木造、歴史的建造物

年間10万人が来る料亭

運営母体 創作和彩 桜屋さんのおかげです。

小樽と言う地域性をいかして、現在夢二亭は日に300人、1ヶ月1万人弱、年間10万人のお客様が来られる昼間だけ開店している蟹料理の料亭となりました。

建物の雰囲気を上手く取り入れた内装を施し、客席は靴をはかれたまま使う事の出来る畳を敷く事で、人前で靴を脱がない文化圏のお客様が靴を履いたままで畳敷きの和室を楽しめる作りにさせて頂いております。

築110年木造、歴史的建造物 築110年木造、歴史的建造物
築110年木造、歴史的建造物 築110年木造、歴史的建造物

崩落寸前で立ち入り禁止だった倉も綺麗に補修を施す事で天井高の高い御洒落な客室になりました。

築110年木造、歴史的建造物 築110年木造、歴史的建造物

地域の役に立つ場所

昼間のみ営業している料亭ですから働いておられる方々は地域の主婦の方が殆どで、料亭に来られたお客様が周囲を散歩される際、ちょっとしたお買い物をされるのでご近所の八百屋さんから売上が4倍になったと大喜びして頂き、あまりの変わりように小樽市の市長様もわざわざ東京迄来て感謝の言葉を下さる程の変貌をとげた物件となりました。


↑ PAGE TOP